多くのモノコトをシステム化してムダを極力なくそう

technology

組織を是正する

現場は少しずつ変化していく

ビジネスが進展するに連れて、組織が変質を遂げる事があります。それが起こるのはビジネスでは現場判断が優先されがちだからです。会社の規定に沿って行動をしていれば、組織が変化する事はありません。しかしそれではビジネスの進みが遅くなるため現実的ではありません。最悪の場合は対応に不満を持った顧客を逃がす事もあります。 現場で判断しなければならない局面というものが、ビジネスには確実に存在しています。それが企業が定めた組織体系では果たされない場合、多少の無理を推してでも事を進めなければなりません。 大切な事は仕事が一段落したら、元の状態に戻す事です。それを放置しておくとしわ寄せが解決されないままです。当人に問題なくても他人に影響が生じます。

組織を是正するための人事管理システム

全ての人間が組織の決めた通りに動いても、少しずつ全体は歪みます。よってそれを調停するための存在が必要です。例えば人事部から通達をする事で、問題は解決に動き出します。しかし通達を出すためには元となる情報が必要です。上記の場合では社内の組織図がそれに該当します。 人事管理システムを利用すると、社内を調整する上では便利です。人事管理システムには社員の情報を登録する事ができます。そこには所属部署や役職は当然の事として、給与まで記載されているものもあるのです。人事管理システムの枠を越えて、給与管理にも利用できます。 しかし本分はあくまで組織を是正するために存在しているのです。今後の人事管理システムについては、さらに発展すると予想されています。